読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりねずみの調理室

「創ることで学ぶ」研究者の、日々の調理blogです。

挽肉でつくるサルティンボッカ

セージを使った有名なイタリア料理に、サルティンボッカというのがあります。

仔牛の薄切り肉にセージの葉を乗せて生ハムでまいて焼くという料理です。

 

allabout.co.jp

jp.ndish.com

しかし、日本ではカジュアルに仔牛肉は入手できません。豚肉でも良いよと書いてあるレシピは多いのですが、ここはカジュアルに手に入る牛挽肉でやってみられないかと思いました。

 

挽肉です。ハンバーグではないので、特につなぎは使わず塩を振ってこねます。

f:id:hari_nezumi:20160707021124j:plain

 

塩を振ってこねると粘り気がでます。こねました。

f:id:hari_nezumi:20160707021129j:plain

 

仔牛肉のようなサイズに整形します。平べったく。生ハムの半分くらいのサイズにします。

f:id:hari_nezumi:20160707021139j:plain

 

セージの葉を乗せます。

f:id:hari_nezumi:20160707021145j:plain

 

生ハムで巻きます。

f:id:hari_nezumi:20160707021149j:plain

f:id:hari_nezumi:20160707021153j:plain

 

熱したフライパンにオリーブオイルを引き、そこに肉を乗せて焼きます。

f:id:hari_nezumi:20160707021203j:plain

 

薄いのですぐ焼けます。ひっくり返して両面焼きます。

f:id:hari_nezumi:20160707021216j:plain

 

できました。とっても簡単です。

肉々しくて美味しかったし、生ハムの塩気とセージの風味でご馳走感がありました。沢山つくればおもてなしにも使えそう。プラムとバジルとサワークリームでサラダをつくって一緒に食べました。普通のハンバーグに飽きたらこんなのもありです。

f:id:hari_nezumi:20160707021224j:plain