読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりねずみの調理室

「創ることで学ぶ」研究者の、日々の調理blogです。

鶏肉の山椒だれがらめ

じめじめとした梅雨。

爽やかな辛さで心身すっきりしたいと思い、山椒を使いました。山椒は好物です。

録画していた料理番組を思い出して作ります。

www.tv-tokyo.co.jp

 

鶏もも肉1枚を用意します。

f:id:hari_nezumi:20160616131703j:plain

5センチ程度にカットします。塩をふり、片栗粉をはたきます。

f:id:hari_nezumi:20160616131433j:plain

サラダオイルをフライパンに入れ、熱し、鶏を皮目からそっと置き、焼きます。

f:id:hari_nezumi:20160616131442j:plain

皮目に色がついた頃、ひっくり返して中火で焼きます。

f:id:hari_nezumi:20160616131448j:plain

肉をいったん取り出し、キッチンペーパーで余分な油を取ります。

合わせ調味料を作成します。入れたあときちんと混ぜます。

オイスターソース(おおさじ1)

・醤油(こさじ1)

・砂糖(ふたつまみ)

・粉山椒(こさじ2〜お好み)

みりんを切らしていたので砂糖で代用しました。本当は砂糖とみりん両方使いたかったです。

この味って、ほぼ、鰻の蒲焼きのたれの味です。鰻は高いし、、という方に朗報です。

f:id:hari_nezumi:20160616131452j:plain

焼いた鶏肉をフライパンに戻し、たれを絡めて少し熱します。こげやすいので、焼くイメージではなく、あくまでも絡める際に温めるという感じです。

f:id:hari_nezumi:20160616131458j:plain

 

できあがりました。

木の芽があればしっとりすると思いましたが、冷蔵庫にそんなものは無かったので、茗荷を刻み、微塵切りの青葱と一緒にたっぷりかけました。味が濃いので単品でというよりおかずです。玄米ご飯を食べました。残りは、つくりおきです。

f:id:hari_nezumi:20160616131503j:plain

 

これは丼にしても間違いないでしょう。

葱をたっぷりに、温泉卵とかマヨネーズとか。男性ならばそういうアレンジも良さそうです。女性向けには、山椒がアボガドと合いそうだったので、そっちも良さそうです。

 

山椒がないアレンジ可能です。

この合わせだれにはちみつを入れるのも美味しそうです。