はりねずみの調理室

「創ることで学ぶ」研究者の、日々の調理blogです。

【コラム】「TEAVANA(ティバーナ)」

過日、アメリカ、ソルトレイクシティのショッピングモールでお茶の試飲をやっていたので飲んだ。とても美味しかった。

f:id:hari_nezumi:20170805115606j:plain

前後詰まっておりおみやげを選ぶような時間も無かったので、後でググってみると、スターバックスが買収したお茶屋さんらしいことがわかった。

www.teavana.com

日本には単独の店舗は無い感じなのかもしれないが、そういえば日本のスタバに「ゆず シトラス & ティー」なるものが登場していたのはなんとなく気になっていた。私はスタバの珈琲の味はちょっと苦手なのだが、ハーブティーが豊富なことは買っていて、それはドトールとかにはない魅力なのだ。カフェインをできるだけ取りたくないとき、スタバは安価で味方になってくれる。

 

早速、昨日はスタバでハーブティーを頼んでみた。

www.starbucks.co.jp

店内にあまり大々的にTEAVANAを歌っている感じはしなかったが、確かにティーバックはTEAVANAである。こちらはミントシトラス

f:id:hari_nezumi:20170822150630j:plain

 

スタバが手がける紅茶ブランド「ティバーナ(TEAVANA)」の日本展開が決定 | Fashionsnap.com

この記事によれば

近年の健康志向の高まりに伴い、グローバルにおけるティーの市場は著しく成長しており、2015年には1,250億ドルの規模に到達。2017年には2013年対比で7%増が見込まれているという。

だそうだ。ちょっとおもしろい。アメリカのような店舗ができるのも待ち遠しい。

 

先日、知人がFBで、日本に日本茶がカジュアルに飲めるカフェがもっとあればいいのにと書いていたのだが、本当にそれも思う。勿論、電源付きでお願いしたい。

【コラム】ファスティング

調理室blogで食べない日のことを書く。これはこのblogを始めたときからの構想でした。実は、木金土の3日間でファスティングをしていました。1年半ぶり2度目です。

 

アメリカ出張のあといろいろ気になっていたので、いろいろな疲れをとるためとdetoxが目的です。知人にもファスティングマイスターがおり、サポートを受けながら行うプランも知っているのですが、私は他人に生活を報告したり励まされたりというのがストレスになることがあるので未だ1人でやっています。初回はかなり本もネットも調べて取り組み、人生観が変わるくらい変化を感じることができました。

(準備2+ファスティング3+回復2)と、合計7日は最低かかるので、お盆とか春休みとかが向いていると思います。もしファスティングを5日したいと思ったら、準備と回復を3日以上に延ばす必要があります。人に会わない(会食しない)ぞと決めてやるのがよく、今回はちょうどこのタイミングになりました。

 

■準備期間

準備期間2日、その前からアルコールを断っておきます。準備期間はアルコールに加え、カフェイン、その他ケミカルなもの、揚げ物、肉魚卵等の動物性タンパクを断っておきます。つまり、食事は軽めで野菜中心、1日目は和食のおかずとおにぎり、野菜スープをひたすら食べる感じでした。2日目はサラダ野菜スープコールドプレスの野菜ジュースにしました。

www.goodjuice.jp

harinezumi-recipe.hatenadiary.com

ファスティング

3日間は酵素ジュース梅干し炭酸水ハーブティーだけで過ごしました。水は1日2リットル飲む必要があります。仕事はしつつ、2日目にはアロママッサージに行きました。運動はジムは控え、散歩程度にしました。入浴は控えるとある文献もあったのですが、気晴らしになるのでつかりました。

アロマの方にもらったのでファスティング用のハーブティーも飲みました。カフェインレスならお茶も飲めます。ジュニパー・ベリーとか入っています。妊婦のときも出産を促す時期にこういうのを飲みました(出産はデトックスに似ています)。

f:id:hari_nezumi:20170819135727j:plain

身体には少なからず変化が出ます。1年半前の初回ほど思考には変化は感じませんでしたが、身体がすっきりするのは感じました。そもそも初回の産物がこのblogであるところもあります(食べること含め生きることを丁寧に、がより意識化された結果でしょう)。

1日目はあまり動きたくない感じ、2日目は慣れてきますので普通に仕事ができ、寧ろいつもより快活な感じ、匂いに敏感になり電車の中で汗臭い人の傍から離れました。途中、急な予定でランチに同席というのがありましたが、私は炭酸水だけを飲んでいました。目の前で食事されていても全く苦痛ではありませんでした。2日目の夜は肌にかゆみがでましたがおそらく好転反応だと思いたくさん水を飲みました。3日目は調理欲を満たすべく他人の食事を作ったり、回復食を準備したり、他にも普段しないようなつくりおきしたりしました。

 

■回復期

回復食も2日間、野菜中心の生活をします。朝の目覚めは爽快でした。最初は左の、梅干しと大根を煮たものです。煮汁をまず飲み干し、それから大根を食べることになっています。その後、右の出汁で煮たしいたけを食べてでかけました。

f:id:hari_nezumi:20170819130412j:plain

昼間はファスティング中と同じ、酵素ジュースで過ごしました。夜は外食を楽しみました。新鮮な野菜たっぷり+炭酸水にしました。

・茄子・ズッキーニのマリネ

f:id:hari_nezumi:20170820181012j:plain

・チコリとサマートリフのサラダ

f:id:hari_nezumi:20170820182820j:plain

・豆のスープ

f:id:hari_nezumi:20170820185534j:plain

・ジロール茸のソテートリフ添え

f:id:hari_nezumi:20170820193328j:plain

野菜は好きなのでいくらでもこんな感じでいけます。これだけバリエーションがあると楽しいです。日頃、ほっておくとアルコールとカフェイン摂取が多くなりやすい嗜好性があるので、ファスティングは今後も取り入れていきたいです。今年度からは授業が週4になったのを期に外食以外でアルコールは摂取していません(人生で画期的なことです・・・)。今後は肉・魚を食べる日にも、ワインでなく炭酸水の日を設けてもいいかもしれないなと思いました。

【コラム】餃子の包み方

餃子の包み方について、理解を深めたのでここに書いておきます。

私は薄めの皮が好みなのですが、いつもタネを入れすぎ何回かに一回、皮を破いてしまっていました。また、それを恐れるため、具材を少なくしか入れないで包むこともよくありました。しかし、今回、コツを発見したのです。

 

今回はたまねぎと豚肉だけのシンプルな餃子です。

harinezumi-recipe.hatenadiary.com

薄め大判の皮の真ん中にたっぷりタネを乗せます。

f:id:hari_nezumi:20170819192515j:plain

次に優しく、皮を折りたたみます。

f:id:hari_nezumi:20170819192549j:plain

ここで少しだけ時間をおくと、タネの水分で皮が湿り、伸びやすくなってきます。そこで、へりのところを少しずつゆっくり、くいっと伸ばしながら閉じていきます。

f:id:hari_nezumi:20170819192928j:plain

閉じてからまた少し、くっつくようぎゅっ、とやって、それからひだに入ります。この状態で、タネが包まれているところとへりの厚みが変わっていることが感じられます。

f:id:hari_nezumi:20170819192435j:plain

焼きます。

f:id:hari_nezumi:20170819194411j:plain

食べます。タネがしっかり詰まったジューシーな餃子ができました。玉ねぎ入りなので甘みがあって美味しいですよ。

f:id:hari_nezumi:20170819194947j:plain

桃りんごと生ハムチーズのパイ

もらい物の桃と、食べ損ねたりんごがありました。ジャムにしました。使った空き瓶を洗っておき、こういうときに使っています。水とはちみつとレモン汁ほんの少し、あとはコトコト煮てできあがり。甘さ控えめ。

f:id:hari_nezumi:20170819154059j:plain

 

いただきもののはちみつ。とても香りの良いはちみつでした。福岡の福祉施設でつくられているものだそうです。

hibitema.com

f:id:hari_nezumi:20170810070146j:plain

 

これを使って、おやつにパイを焼きました。ジャム、モツァレラチーズ、生ハム、ジャム。

f:id:hari_nezumi:20170819152226j:plain

 

パイシートを上に重ね、卵黄を塗って180度で30分。

f:id:hari_nezumi:20170819160157j:plain

f:id:hari_nezumi:20170819160313j:plain

焼き立てのパイを食べさせられるのも、みんなが在宅の日だけだなあと。そういう日は、いつもできない焼き立て揚げたてのメニューにしたいなと思って。献立変更した次第です。

f:id:hari_nezumi:20170819160613j:plain

チキンクリームパイ

今回のイメージしたのはこれ。イギリス、チェスター大学で食べた学食。チキンとポロ葱のパイ。巨大なバットのようなものに作られていて切り分けて出されました。これがとても美味しかったので。ちなみに付け合せの芋が美味しかったのは、品種の問題だと思うのでどうにもなりませんが。

f:id:hari_nezumi:20170629123818j:plain

ポロ葱がないので玉ねぎ、じゃがいも、チキンでクリームシチュー的なものをつくります。イギリスで食べたときの少し赤みのあるクリームは何の色だったのだろう。チェダーチーズかしら。

f:id:hari_nezumi:20170817165304j:plain

パイシートをかけて卵黄を塗ります。

f:id:hari_nezumi:20170817194207j:plain

 

オーブン180度で30分。

f:id:hari_nezumi:20170818102147j:plain