読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりねずみの調理室

「創ることで学ぶ」研究者の、日々の調理blogです。

【コラム】トマトソース七変化

働きながら、節約しながら。それでも、またおんなじ?と思わない、思われないメニュー構成をするというのは頭の体操にもってこいの課題です。

 

出張前なので、冷蔵庫の野菜を計画消費し始めています。

 

まず、フレッシュトマトとトマト水煮缶を使ってトマトソースを。岩塩・オリーブオイル・にんにく・バジルも入れて。

f:id:hari_nezumi:20170309094710j:plain

 

できたては、こんな感じで食べたのです。

harinezumi-recipe.hatenadiary.com

そのときのアヒージョ。

f:id:hari_nezumi:20170309094725j:plain

 

既に、先の構想もあって。

 

ランチ後、トマトソースは鶏もも肉に小麦粉・塩少々をはたいてソテーしたものを煮込み。写真を撮り忘れましたがほぼこんな感じ。今回はズッキーニとか豚はありません。すごくフレッシュな感じに。

harinezumi-recipe.hatenadiary.com

鶏を食べてしまった後のトマトソースがたっぷり残るよう計算。同じく、アヒージョの海老は食べてしまった後も同様に保存。

 

シンプルトマトソースとアヒージョを合わせて変容。安く売っていた、豚ばら軟骨を、トマトソース+アヒージョ残り+ホワイトセロリ+ブラウンマッシュルームで煮込むと、こってりしたピリ辛煮込み。

f:id:hari_nezumi:20170310104857j:plain

 

さらに豚バラ軟骨を引き上げたトマトソース(もはやこってりピリ辛)に、牛挽肉とセロリ葉を加え、胡椒とナツメグとシナモンで風味付け。

f:id:hari_nezumi:20170310105904j:plain

 

ラグーソースをご飯にかけて。お好みでチーズを。茹でたじゃがいもと合わせ、春巻の皮に入れて揚げてもよかったかも。

f:id:hari_nezumi:20170310224606j:plain

 

「七変化」って、残り3つは?って聞かれました。