読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりねずみの調理室

「創ることで学ぶ」研究者の、日々の調理blogです。

鶏肉とハムと茸のマスタードクリーム煮

イギリスがえらいことになりましたね。

セカイがどうなろうと、私のお腹はすくので、私はご飯を食べます。

ああ生きているんだなあと感じます。今日は夜までびっしり予定がある日だったので、11時過ぎに朝昼兼用を食べるパタンでした。私はわりとこのパタンが好きです。

 

鶏肉の細切れを親子丼用に残していたのですが、起きたら全く親子丼気運がありませんでした。私、その日の気運を大事にするタイプです。チキンフリカッセを食べたいなと思いましたが、それにはあまりにも鶏が貧相なので、ハムも用意しました。あとはマッシュルームとしめじです。

f:id:hari_nezumi:20160624125206j:plain

 

ハムと鶏には小麦粉をはたき、フライパンにオリーブオイルを熱して、炒めました。

f:id:hari_nezumi:20160624125211j:plain

 

肉類にきのこを投入し、塩コショウをしてさらに炒めました。

f:id:hari_nezumi:20160624125217j:plain

 

白ワインを切らしていたので日本酒を少し入れ、アルコールが飛んだところで生クリームを足しました。これでチキンフリカッセですが、味見をすると、うーん、今日の気分ではなく。もう少し爽やかに、レモン?いやいや。マイユの粒マスタードを入れることにしました。

f:id:hari_nezumi:20160624125225j:plain

 

MAILLE(マイユ) 種入りマスタード 210g

MAILLE(マイユ) 種入りマスタード 210g

 

 

爽やかな酸味が加わり、ばっちりです。

f:id:hari_nezumi:20160624125233j:plain

 

玄米と一緒によそい、黒胡椒をしっかりひいてかけ、さらに生の赤パプリカを刻んだものをあしらいました。この苦味が良い仕事をしました。

f:id:hari_nezumi:20160624125237j:plain

 

食べ始めてから、ピンクペッパーを足してみました。それもアレンジとして良かったです。食べながらディルがあれば最高だったなと思いました。とても簡単にできるけれどごちそう感があります。豚肉でもやってみたいです。