読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりねずみの調理室

「創ることで学ぶ」研究者の、日々の調理blogです。

具だくさんパエリヤ

パエリヤのはじまり。

 

遡ること、5月12日。

大量のあさりをスーパーで見つけました。

近所で半額のあさりが売っていました。貝類はあしがはやいので、時々大胆なディスカウントがあります。あさりを見つけたら迷わず買っておきます。一晩、海水程度の塩水に浸し、砂を吐き出させます。母が言っていました。「ひなたの干潟にいると誤解させて、油断させるのよ」と。

f:id:hari_nezumi:20160610165624j:plain

朝になったら貝が開いているので、ざるに上げてよく洗い、そのあと白ワインと塩とハーブで蒸し煮にし、あさり出汁をとりました。

f:id:hari_nezumi:20160610165635j:plain

ここまでで冷凍しました。

 

 

物語はさらに遡ります。

これは、3月某日。テルアビブで買ったサフランです。

f:id:hari_nezumi:20160610173814j:plain

 

サフランは東京では通常、高級、ごく少量で売られています。

S&B 袋入りサフラン 0.4g
 
サフランパウダー 1g

サフランパウダー 1g

 

 

しかし、テルアビブの市場では信じられないほど安価で、大量に売っていました。これなら、使うときも大胆に使えます。

ざばっ。水に浸して数時間置きます。

f:id:hari_nezumi:20160610165538j:plain

 

ここまでが前段階です。

 

さて、いよいよ、つくります。

鶏肉をバターと塩で軽く炒め、取り出して小さく切ります。

f:id:hari_nezumi:20160610165442j:plain

次に、洗ってない米をオリーブオイル、弱火で透き通るまで炒めます。本当はインディカ米がよかったですが、白米です。

f:id:hari_nezumi:20160610165512j:plain

刻んだパプリカ、ブラウンマッシュルーム、トマト。

f:id:hari_nezumi:20160610165528j:plain

透きとおった米にトマト以外の野菜を入れ炒め、解凍したあさりの出汁を入れる。少し煮立ったら炒めておいたチキンと生のトマトを入れる。火を中火にしぐつぐつ。

水に浸したサフランを濾して、黄色い水を投入。

f:id:hari_nezumi:20160610174508j:plain

 

さらに火を中〜強火にしぐつぐつ。具を均して並べたら、かき混ぜない!!!

 

できました!!!

f:id:hari_nezumi:20160610165641j:plain

 

いただきます。

たくさんあるので、つくりおきです。

白ワインが合いますね。イタリアンパセリを飾りました。

f:id:hari_nezumi:20160610165649j:plain