読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりねずみの調理室

「創ることで学ぶ」研究者の、日々の調理blogです。

きのこつくりおき

私たちは時に、闘いを挑んで行かねばならない。

そう、攻めなければ得られないものがある。

f:id:hari_nezumi:20160501230551j:plain

 

大量の茸です。

しめじ、えのき、エリンギ、ブラウンマッシュルーム、しいたけ。各1パックずつなので、ものすごい量です。

汚れを拭きとって洗わず使うのが、茸を風味よく仕上げるポイントです。

 

攻めます。

f:id:hari_nezumi:20160501230728j:plain

 

まだまだ。

f:id:hari_nezumi:20160501230720j:plain

 

どうだ。

さて粉々になった茸に、みりんとアゴ出汁と醤油と酒で味付け。

f:id:hari_nezumi:20160501230827j:plain

 

何を作りたかったんだっけ?

 

よくわからなくなってきましたが、いわゆる茸ペーストを作っています。

味は茸なので、良いです。

インスピレーションは洋風だとこの辺。

www.kyounoryouri.jp

 

しかし、上記のような洋風のものではなく和風で、もう少し万能なものというイメージ。敢えてこの段階でオイルを使っていないのはそのため。

 

☆使用用途(予定)

茸ご飯(ペーストを使えばきっと味が深くなる)

パスタ(きっとラグーっぽくなる)

豆腐ハンバーグのソース(片栗と醤油を足して餡にする)

麻婆豆腐(Veganな隠し味になると思う)

餃子の餡(鶏肉と合わせようと思っている)

ピラフ(茸風味になるだろう)

 

さて、本当にそんな日がくるのか?

まずはこのまま、置いて味がしみるのを待ちます・・・。

 

調理とは、日々、実験の継続です。

道なきところを進むのもまた一興。

記憶の味、まだ見ぬ世界を求めて。