読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はりねずみの調理室

「創ることで学ぶ」研究者の、日々の調理blogです。

牛肉と筍のオイスターソース炒め

少し厚みある牛肉を短冊状にし片栗粉をまぶし、千切りの筍と炒め、先に用意した合わせ調味料(オイスターソース、酒、醤油、砂糖、おろしにんにく、水、片栗粉)で味付け。

牛肉と白菜の花椒辣醤炒め

白菜と牛薄切りをさっと炒め、花椒辣醤で味付け。最後にパクチーをたっぷり。 ユウキ 花椒辣醤 60g 出版社/メーカー: ユウキ食品 メディア: 食品&飲料 購入: 1人 クリック: 132回 この商品を含むブログ (1件) を見る

豚肉と豆腐の煮物

先日照り焼きチキンをつくったときに、煮汁が残ったので harinezumi-recipe.hatenadiary.com 翌日、豚肉の薄切りと豆腐を入れて煮ました。

【コラム】スープのつくりおきから

スープのつくりおきは重宝します。ポイントは最初は薄味であっさりつくること。薄味はいたみやすいため保存は冷蔵か冷凍を。 鶏もも肉と人参と玉葱を土鍋で煮たスープを、冷蔵。冷やすとコラーゲンで固まる。ここまでを1日目。 2日目、使う分半量だけ鍋で加…

じゃがいものバター煮

つくりおき。じゃがいもをバターと出汁とで煮ます。今回はソーセージと油揚げが入っています。土鍋で炊くとほっこりなります。 付け合せにしてもいいですが、サラダっぽくするならたっぷりハーブをかけて食べます。食べ飽きたらくずして、コロッケのタネにな…

しらすと枝豆の混ぜごはん

今日のブランチは、混ぜごはん、春キャベツのからすみ和え、白菜と牛肉のスープ。

照り焼きチキン定食

今日は、私は昼間にパンを食べたので夕食は炭水化物カットぎみ。 照り焼きチキンは、すき焼き割り下を使うと楽だというレシピを見つけなるほどと思ってやってみた。鶏を常温にしておくこと、味しみが良いよう切り込みを入れておくこと。油を引かないテフロン…

春キャベツのからすみがけ

今年は、特にはまった春キャベツ。出張から帰ると野菜が食べたくなります。キャベツを土鍋にあふれるほど入れて蓋をして蒸します。 3分の1を取り出し、水分を切ってからすみパウダーとオリーブオイルで和えました。残りはくたくたになるまで煮て、いつものス…

自家製ピザ的な

以前焼いたピアディーナを保存しておき、トマトソース、ソーセージ、スカルモッツァチーズを乗せてやいたもの。 harinezumi-recipe.hatenadiary.com

【つくりおき】牛丼、鮭いくら丼

一泊二日で出かけるので、つくりおきを2セット用意しました。 1日目夜ごはん 炊きたてのごはんにすき焼き煮をあたためて乗せる。付け合わせは椎茸のバター醤油炒め。 2日目昼ごはん 鮭いくらを前日炊いたごはんに乗せる。ほかにおかずは、海老と玉ねぎのオイ…

鶏肉とベーコンのトマト煮

土鍋で鶏肉とベーコンとホールトマトとバジルを煮込むだけ。土鍋はすごい。味がまとまる。 だいたいサイクルが出来てきた。夜におかずを仕込み、同時に予約炊飯。夜中味を染みさせ、朝おかずのみよそい出勤。部活帰りの息子は炊きたてのごはんと用意されたお…

題名のない定食

今日は適当に済ませたかったので、何が中心ということもない定食。 ・つくりおききのこを使ったサラダ (トマト、ルッコラ、マッシュルーム二種、しめじ、モッツアレラチーズ、糸唐辛子、塩、オリーブオイル、にんにく) ・野菜のすまし汁 (キャベツ・玉ね…

ミートローフのパイ包み焼き

先日のハンバーグの残り(タネ)を、ミートローフにしました。今回は、初の試みで、パイシートで包んでみました。ミートローフは冷めても食べやすいので、つくりおきや弁当にも向いています。 harinezumi-recipe.hatenadiary.com 耐熱のパウンド型を使います…

和風ハンバーグ

はりねずみの調理室も開設1年が経ちました。 harinezumi.hatenablog.com そこで、苦手意識の強い、ハンバーグにトライ。 基本のハンバーグ。牛豚合い挽き、少し牛多め。パン粉を牛乳に浸す、卵を入れる、玉ねぎは炒めず電子レンジで加熱し冷ます。ナツメグ、…

スパゲッティ木こり風

ボスカイオーラ。bosco とは森のことで、boscaiolo となると「木こり」や「森林警備員」という意味になり、alla boscaiola は木こり風と言われるそうで。スパゲティやピザで、ボスカイオーラとは、きのこの入った、という意味合いらしいです。 実家で子ども…

冷やし麻婆豆腐

忙しすぎる。息子が食べ盛りであっという間につくりおきがなくなる、いや、つくりおきにならない(おかわりされてなくなってしまう)。結果として、スーパーに行く頻度も荷物も増えて、ちょっといろいろ見直さないと。 ということで、縁が無かった、「ファミ…

鮭チャーハン

予告通り。 harinezumi-recipe.hatenadiary.com 急いでいる日の昼ごはんとして、冷凍の「鮭の混ぜご飯」を前夜解凍し、卵を混ぜ、オリーブオイルで焼き飯に。味付けは、好みで鶏ガラ顆粒を少々。おかずによっては醤油でも。 チャーハンは便利なんですよ。で…

ラムのトマトシチュー

あり合わせで慌てて昼ごはんを用意。ラム切り落としと、トマトとにんにくを、野菜ブイヨンで炒め煮して、少量の小麦粉でとろみをつけました。 harinezumi-recipe.hatenadiary.com

【つくりおき】パプリカのマリネ

素揚げしたパプリカを熱いうちに、白ワインビネガーと塩とハーブに漬け込んだもの。 今回はディルと塩漬けバジル。よく冷やして付け合せ、ワインのお供にも。

【つくりおき】鮭の混ぜご飯

焼き塩鮭をほぐして味醂に浸し、ごまを振って一晩寝かせた常備菜。味が馴染んだところでご飯に混ぜるとこんな感じに。残り御飯をチャーハンにしても。

白味噌仕立ての辛麺

蕗の薹の白味噌汁を冷凍しておき、エスニック風の味噌麺を作りました。 harinezumi-recipe.hatenadiary.com 即席の肉味噌と水菜、最後に青山椒とラー油をかけて。ほろ苦さと辛みが絶妙。

【コラム】弁当箱

六本木ミッドタウン、とらやギャラリーにて、『とらや市 弁当箱』という小さな企画展が開催されています。 www.toraya-group.co.jp とらやギャラリーは無料で見られますが、いつも見応えがあって面白いなと思います。新しいお弁当箱が欲しくなりました。

【コラム】気持ちを伝える

とても気に入っていたしらたきが、行きつけのスーパーから無くなり落胆していました。この記事を書いた直後でした。 harinezumi-recipe.hatenadiary.com あるはずのものが無いというのは残念なことです。しかし、それは、突然起きることです。できることはし…

ドリア

今日が〆切の原稿があり、余裕が無くてこんな感じになってしまった。 冷やご飯をベーコンとケチャップとチキンコンソメで炒めて ホワイトソースをかけ チーズとパン粉をかけ、オーブンで焼く。

生ハムとルッコラのピアディーナ

料理教室で習ってきました。 ピアディーナというのは、ほぼ見た目、ピタパンです。イタリア北部ロマーニャ地方の料理で、現地では陶板で焼くのが古典的だそうですが、屋台では鉄板などで焼いて作るらしく、パンやナンと違って酵母は入れないそうです。二つ折…

カジキマグロの唐揚げ

肉ばかりではと思うのだが、近所では新鮮な魚類は入手できない。 よく考えたら、海外では内陸だと魚は流通していなくて食べないことも多い。なんでも満遍なく食べなければというのは、なんでも手に入ってしまうからこその、焦りかもしれない。 カジキマグロ…

アイシングクッキー

今回は外でクッキング。息子がお菓子作り好きなので、知人が開催するお菓子教室に申し込んでみました。クッキーに絵を描くという講座です。私は甘いものが苦手なので、見学です。 プロはすごいです。 息子が作った中で「一番うまくいった」と彼が主張したの…

たけのこ混ぜごはん

春なので。たけのこです。 買ったばかりの、チューリップ柄の器に入れて。 今回の具材はたくさんのたけのこ、油揚げ、そして、ちくわ少々。鶏肉でやるときも多いです。ポイントは炊き込みご飯ではなく混ぜごはんであること。炊き込みご飯は水分量調整が難し…

【コラム】色皿のある生活

この記事を読んで以来、お皿を買いたくて仕方なかった私。 kaiteki.hateblo.jp 実は、以前はグラスも皿も好きだった。 小学生のとき、萩焼の窯元に泊まりこみ自由研究をしたのがきっかけかもしれないし、それ以上に、家に様々な面白い食器があったからかもし…

【つくりおき】生ハムとクリームチーズのピラフ

生ハムとクリームチーズでペーストをつくると便利です。両者をフードプロセッサーにかけるだけです。クラッカーやパンに塗るわけです。 harinezumi-recipe.hatenadiary.com 今回はそのつくりおきペーストを使って、ピラフを作ってみました。マッシュルームと…

【コラム】予習復習

外食は素晴らしい学びの場。人生は短い、食事の残り回数は少ない。だから美味しいと思えるもの・ところにしかお金を出さないという強い気持ちで臨んでいます。外で食べて、教わって、考えて、作ってみて、考えて、また外で食べて、教わって。 この、ブロッコ…

【コラム】料理の本

家にあった料理の本を集めてみました。殆どは大学生〜大学院に入る前に買いました。 キッチンに置いていたので、どれもぼろぼろです。あと数冊あったと思いますが、見当たりませんでした。糊がとれてしまい破棄したもの以外はこれでほぼ全部です。あとは料理…

漬けサーモン丼

今日は忙しすぎて、こんな感じになってしまいました。 トラウトサーモン切り落としを、めんつゆとオリーブオイルに10分漬けて、かいわれを切って、炊きたてごはんに乗せてだしました。その間にすまし汁を作りました。

鶏挽き肉の卵雑炊

身体を休めるときはこんなものも。 土鍋で作ると、火のあたりが柔らかいのか、何故か雑炊やスープが格段に美味しい。

【つくりおき】芽キャベツのバーニャカウダ和え

疲れが溜まっているときは野菜三昧で、何ものかを解毒することに。今日は野菜たっぷりの食事と半身浴で明日からのためにリセット。 残っていた茹でたロマネスコのかたい茎を細切りにし、バーニャカウダソースで軽く炒め、かために塩茹でした芽キャベツと砕い…

春野菜のオーブン焼き

行きつけの食堂風イタリアンで、びっくりするくらい美味しい「白いブロッコリー」とか「にんじん」とかを食べて、どうやってつくるのか聞いたら、一回茹でてからオーブンで水分を飛ばすというふうに教えてもらった。 勿論、腕が違うのは承知の上で、お腹いっ…

蕗の薹の白味噌汁

さすがにこのところ忙しかったので本日は蟄居することにした。明日〆切の原稿もある。たくさん蕗の薹を買って、先に塩水で下茹で。白味噌仕立ての味噌汁に、肉や野菜と一緒に蕗の薹をオン。 昼は、鶏ささみ挽肉と豆腐ときのこを炒ったものと一緒に定食風に。…

ポークストロガノフ

こどもの頃一番好きだったメニューがこれ。ビーフストロガノフ。 お弁当にはサンドイッチになったものを作ってもらっていた。 harinezumi-recipe.hatenadiary.com すごく難しい料理かとおもいきや、トマトソースと生クリーム一対一に、炒めた何らかの肉とき…

牡蠣ご飯

出張から疲れて遅く帰ると、買い物したくない。 粛清された冷蔵庫から新しい料理を捻出しにくい。 そんなとき、下ごしらえしておいた食品が役立ちます。出張前にうっかり買い過ぎてしまった牡蠣を出汁と生姜と醤油・みりん・酒で軽く煮て、煮汁と牡蠣を別々…

和風ポークソテー

定番のポークソテー、少し趣きを変えて。今回のポイントは、味付けに、残っていたそばつゆを使ったこと。うっすら叩いた小麦粉によくつゆが絡んで美味しかった。 harinezumi-recipe.hatenadiary.com harinezumi-recipe.hatenadiary.com

しらすとサラミの卵雑炊

京都に来ています。ゲストハウスに泊まっているのでキッチンがあります。 backpackersjapan.co.jp 塩コショウ、油と酢はデフォルトであり、大きな冷蔵庫もあるので、朝ごはんを作るのに問題はありません。今日の朝ごはん2人分の材料はこれ。昨夜コンビニで買…

鶏つくね弁当

これから京都、その後、大阪です。 車内で食べるお弁当。鶏つくねは、柔らかさを保つためにはんぺんが混ぜてあります。あとは唐揚げ、そら豆とマッシュルームと海老の炒め。ごはんは、しらすとモッツァレラチーズを混ぜ込んだおにぎり。

【コラム】分けて食べる

ご縁があって、『暮らしのおへそ』という雑誌の取材に協力させていただきました。 この雑誌のコンセプトは、習慣。習慣を変えたら人生が変わる。 暮らしのおへそ vol.23 (私のカントリー別冊) 作者: 主婦と生活社 出版社/メーカー: 主婦と生活社 発売日: 201…

【コラム】トマトソース七変化

働きながら、節約しながら。それでも、またおんなじ?と思わない、思われないメニュー構成をするというのは頭の体操にもってこいの課題です。 出張前なので、冷蔵庫の野菜を計画消費し始めています。 まず、フレッシュトマトとトマト水煮缶を使ってトマトソ…

そら豆とソーセージの炒めもの

そら豆の季節になりました。2袋買いました。 そら豆というと思い出す絵本があります。かなり妙な話ですが懐かしいです。 豆を食べると足がにょきにょきのびていきました。森をぬけ、街にでると、なんとむこうからべつの足が…。 あしにょきにょきにょき (えほ…

きのこづくしランチ

えのきと玉ねぎと豚肉と油揚げの味噌汁 マッシュルームと玉ねぎと生ハムのアヒージョ マッシュルームとホワイトセロリとパルミジャーノチーズのサラダ、自家製トマトソース添え

海老クリームリゾット

ロヒケイットをつくりました。今回はじゃがいも抜きで、長ねぎが無かったので新玉ねぎで。 harinezumi-recipe.hatenadiary.com その後、海老とマッシュルームとセロリの葉を刻んだものを追加して煮て、最後冷やご飯、塩とオリーブオイルで味を調えでリゾット…

カツカレー

とにかく、13歳児はカツが好き。 こんなに人生で揚げ物をした時期はない、という感。 カツカレーのカツは分厚くないほうがよさそう。だんだん、衣が剥がれにくいコツが分かってきました。手のひらに小麦粉をつけ、それを肉になじませる。あとは、衣をつけた…

Zenパスタ

炭水化物カットのみなさまへ。 イタリアやフランスあたりで、乾燥しらたきを使った「パスタ」が流行っているらしいです。 日本では、乾燥しらたきより普通のやつが手に入りやすいですね。最近お気に入りは、極細のしらたきです。ソース焼きそばにしてみまし…

失敗しないカルボナーラ

料理教室のおさらい。 フライパンで仕上げないという方法を習う。材料をボールで混ぜるという方法。ちょっとぬるくなるので、うーん、と思ったけれど、卵黄がかたまるリスクがないと言われた。 コンビニでも売っていそうなベーコン(敢えてこういう材料で調…