はりねずみの調理室

「創ることで学ぶ」研究者の、日々の調理blogです。

【コラム】分けて食べる

ご縁があって、『暮らしのおへそ』という雑誌の取材に協力させていただきました。

 

この雑誌のコンセプトは、習慣。習慣を変えたら人生が変わる。

 

刊行後、雑誌を創られている一田憲子さんから、関わった方々とのお食事会にお招きいただきました。ホームパーティーです。お料理は、七草というお店の方が運ばれていました。

nana-kusa.net

f:id:hari_nezumi:20170312191027j:plain

 

f:id:hari_nezumi:20170312190403j:plain

f:id:hari_nezumi:20170312202934j:plain

 

f:id:hari_nezumi:20170312203255j:plain

 

ひとしきりホームパーティーが終わった後、残ったメンバーで二次会的なことが始まりました。一田さんが、差し入れの肉まんを蒸し器で蒸してくださいました。

七草のお料理も一流で美味しかったのですけれど、私は、蒸し器でむされた肉まんを、包丁で半分に切って分けてみんなで食べる、ということが、とても印象的でした。

f:id:hari_nezumi:20170312223547j:plain

f:id:hari_nezumi:20170312223749j:plain

 

私は、どんなふうに生きていきたいんだろう?と考えながらその場にいました。誰かに食事を振る舞えるような、たいしたものでなくても、食べながらおしゃべりができるような。そんな時間を作っていきたいです。研究の延長にそれがあり、食べることの延長にも研究があると思っています。

 

お招きいただきありがとうございました。

【コラム】トマトソース七変化

働きながら、節約しながら。それでも、またおんなじ?と思わない、思われないメニュー構成をするというのは頭の体操にもってこいの課題です。

 

出張前なので、冷蔵庫の野菜を計画消費し始めています。

 

まず、フレッシュトマトとトマト水煮缶を使ってトマトソースを。岩塩・オリーブオイル・にんにく・バジルも入れて。

f:id:hari_nezumi:20170309094710j:plain

 

できたては、こんな感じで食べたのです。

harinezumi-recipe.hatenadiary.com

そのときのアヒージョ。

f:id:hari_nezumi:20170309094725j:plain

 

既に、先の構想もあって。

 

ランチ後、トマトソースは鶏もも肉に小麦粉・塩少々をはたいてソテーしたものを煮込み。写真を撮り忘れましたがほぼこんな感じ。今回はズッキーニとか豚はありません。すごくフレッシュな感じに。

harinezumi-recipe.hatenadiary.com

鶏を食べてしまった後のトマトソースがたっぷり残るよう計算。同じく、アヒージョの海老は食べてしまった後も同様に保存。

 

シンプルトマトソースとアヒージョを合わせて変容。安く売っていた、豚ばら軟骨を、トマトソース+アヒージョ残り+ホワイトセロリ+ブラウンマッシュルームで煮込むと、こってりしたピリ辛煮込み。

f:id:hari_nezumi:20170310104857j:plain

 

さらに豚バラ軟骨を引き上げたトマトソース(もはやこってりピリ辛)に、牛挽肉とセロリ葉を加え、胡椒とナツメグとシナモンで風味付け。

f:id:hari_nezumi:20170310105904j:plain

 

ラグーソースをご飯にかけて。お好みでチーズを。茹でたじゃがいもと合わせ、春巻の皮に入れて揚げてもよかったかも。

f:id:hari_nezumi:20170310224606j:plain

 

「七変化」って、残り3つは?って聞かれました。

そら豆とソーセージの炒めもの

そら豆の季節になりました。2袋買いました。

f:id:hari_nezumi:20170310111635j:plain

 

そら豆というと思い出す絵本があります。かなり妙な話ですが懐かしいです。

豆を食べると足がにょきにょきのびていきました。森をぬけ、街にでると、なんとむこうからべつの足が…。

あしにょきにょきにょき (えほんのぼうけん)

あしにょきにょきにょき (えほんのぼうけん)

 

 ナンセンス絵本とamazonの紹介に書いてありました。納得です。

 

塩水で固めにさっと下茹でします。鮮やかな緑の中は、こんな感じ。

f:id:hari_nezumi:20170310112047j:plain

 

外側が大きいので、中身はこれっぽっちになってしまう。

f:id:hari_nezumi:20170310113822j:plain

 

ソーセージ、塩、オリーブオイルで炒めます。美味しいのであっという間になくなってしまいました。

f:id:hari_nezumi:20170310114559j:plain

海老クリームリゾット

ロヒケイットをつくりました。今回はじゃがいも抜きで、長ねぎが無かったので新玉ねぎで。

harinezumi-recipe.hatenadiary.com

 

その後、海老とマッシュルームとセロリの葉を刻んだものを追加して煮て、最後冷やご飯、塩とオリーブオイルで味を調えでリゾットにしました。ミルク粥の豪華版みたい。 f:id:hari_nezumi:20170308113836j:plain

カツカレー

とにかく、13歳児はカツが好き。f:id:hari_nezumi:20170227204540j:plain

こんなに人生で揚げ物をした時期はない、という感。

カツカレーのカツは分厚くないほうがよさそう。だんだん、衣が剥がれにくいコツが分かってきました。手のひらに小麦粉をつけ、それを肉になじませる。あとは、衣をつけた状態でしばらく冷蔵庫にいれて置く。揚げる少し前に出してくる。